家庭用レーザー美顔器トリア 花の色は

花の色は 加齢と不調の女子悩みのロゴ

レーザー美容のパイオニア!トリア・ビューティ・ジャパンとは?

レーザー美容のパイオニア「トリア・ビューティ(tria・beauty)」 とは?

家庭用レーザー脱毛&美顔器と言えば「トリア・ビューティ」!

トリアは、レーザー美容のパイオニアとも言われている「クリニック仕様の本格的な自宅用美容機器」を開発・製造・販売しているメーカーです。

トリアビューティとは

なぜ? トリアが「レーザー美容のパイオニア」と呼ばれるのか?

それは、プロ向けのレーザー脱毛器を作った発明家が、設立した会社がトリア・ビューティだからです。

 ※2003年アメリカ創立・当時は「スペクトラジェニックス」という名前だった。
 ※トリア・ビューティは2004年オフィス開設。初代パーソナルレーザー脱毛器の商品化は「i-epi」

つまり、トリアのレーザーは脱毛器から始まっているのですね。 
トリアの家庭用脱毛器は、美容クリニックで使用されている医療用ダイオードレーザー脱毛器「ライトシェア」を開発したメンバーが作ったものなのだそうですよ。

トリアの脱毛

トリア・ビューティーはエイジングケア商品も手掛ける「光美容」のリーディングカンパニーです。

トリアのレーザー技術

レーザー脱毛器からスタートしたトリア・ビューティですが、その後、アンチエイジングレーザーの標準として認められている 「フラクショナルレーザー」の開発も行いました。

フラクショナルレーザー(フラクセルレーザー)については後述しますが、このレーザーの開発者も在籍している 「レーザー専門会社=トリア・ビューティ」ということです。 

トリアは、業務用レーザーのスペシャリスト達が集う「光美容」のリーディングカンパニーなのです。

こうしたレーザー関連の多くの特許は、トリア・ビューティが取得しています。 ですから、トリア同様のレーザー脱毛器を他社で作ることはできません。
 つまり、光技術で他社の追随を許さないという訳なんですね。 レーザー脱毛やフラクセルレーザーの美顔器を、家庭用として作ることができるのはTRIAだけです!!

類似商品が市場に出回っていないという背景には、トリアの持つ特許技術が真似をできないものであるからだと思います。

トリア・ビューティーは日本で唯一FDA許可を受けた光技術を使った美容機器を扱っています。

アメリカFDA

 

トリアのすごいところは、日本で唯一FDA許可を受けた光技術を使用している美容機器を扱っているということです。

FOOD AND DRUG ADMINISTRATION(通称FDA)は、日本語でアメリカ食品医薬品局と訳される厚生労働省のような政府機関です。

日本では「特保」の認証にあたるらしいですが、FDAの審査も結構厳しいと聞いたことがあります。 
トリアのレーザーはFDAに安全性を認めてもらった、アメリカ政府お墨付きの「家庭用レーザー美容機器」ということになりますね。

トリアは現在全世界で50%以上をシェアするグローバルなブランドとなっていて、特に近年アジアではすごく人気を博しているということです。

高品質な商品しか扱わないことで知られるアメリカSephoraやバーニーズNY、韓国の一流デパートにも展開されていて、 日本ではPLAZA・東急ハンズで「脱毛器売上金額&台数で、継続的に1位を記録しているという実績があるそうです。

その他、バラエティストアでも一部取扱いがありますので、トリアの使用感・使い方が気になる方は、店頭のデモ器を試してみると良いですね。

実際のところ、店頭の実演で体験してからネットの公式サイトで購入するという方は多いそうです。 なぜわざわざネットで買うのか? 
メーカー直営ならではの保障・サポートの他、キャンペーンでおまけがつくことが多いからです。

高い買い物であるだけに、30日間の返金保証があるのは良いと思います。

フラクセルレーザーとは

フラクセル(フラクショナルレーザー)による、肌再生のメカニズムを簡単にご紹介いたします。

■フラクセル(フラクショナルレーザー)による肌再生のメカニズム

フラクセルレーザーと肌再生

  1. 目に見えないくらいの超小さなレーザー光線を肌に照射(直径0.1mm程度)
  2. 免疫システムの細胞から、サイトカイン(FGF)=線維芽細胞増殖因子が分泌される。
  3. 線維芽細胞により、コラーゲン・ヒアルロン酸・エラスチンが生成される。
  4. 肌が再生が促される。 肌の新陳代謝、修復・排出効果により肌の改善へと導かれる。

フラクセルレーザーは、目に見えない穴状のレザーを肌に当てることによって、肌本来が持っている「自然治癒力」を引き出して、 肌の生まれ変わり(ターンオーバー)を加速させるという、テクノロジーです。

レーザーによって小さな穴が開いた肌は、免疫システムの細胞から「線維芽細胞増殖因子(FGF=Fibroblast Growth Factor)」 というタンパク質(サイトカイン)を分泌します。

FGFがレセプター(線維芽細胞受容体)に受け入れられると、線維芽細胞が増殖し、コラーゲン・ヒアルロン酸・エラスチンが 産出されるので、新しい肌ができるということになります。

簡単に言えば、レーザーで針よりも細い穴をわざと開けると、肌が「大変!修復しなくちゃ!!」と慌てて新しい肌を再生してくれるので、 意図的に肌の治癒力を引き出すということですね。

怪我をした時に、キズを直そうとする力。 これを利用したのが、フラクセルレーザーのマシンです。

クリニックでは、ノンアブレイティブタイプ(レーザーによる熱作用利用の治療)と呼ばれて、シワ・肌質の改善、毛穴の開き・黒ずみ、ニキビ跡の治療に 使用されている施術です。

フラクセルレーザーの施術については、ドクターシーラボグループ「シロノクリニック」さんのサイトや、TVでお馴染「湘南美容外科」さんのサイトでどうぞ。


SBC:美容皮膚科 TOP > 施術一覧 > フラクセル2など

※レーザーでのケアは、クリニックかトリアでしかできません。
 エステでは行われていないんですよ。

レーザー美顔器。 クリニックと家庭用違いは?!

フラクセルレーザーは、元々肌が持っている再生能力で、皮膚が生まれ変わるというのが良いですよね。

レーザーの仕組みやテクノロジーは同じですが、出力を大幅に弱めて、家庭でも安全に使用できるようにと開発されたものが、トリアの 家庭用レーザー美顔器となります。

トリアのレーザー美顔器

出力が軽くなっている分肌に穴を開けるというパワーも弱いので、クリニックの施術と比べてしまうと効果の実感も遅くなってしまいますが、その分手軽に・気軽に できるという点が魅力であると思います。

クリニックと家庭用レーザーの違い

クリニックのレーザートリア家庭用レーザー
効果 確実に効果が出る。クリニックの技術を家庭用に応用。出力は弱い。
アフターケア 医師によるカウンセリングトリア・コールセンター
価格 とても高額
顔全体で1回10万円くらい~
効果実感までに最低3回くらいの照射が必要
エイジングケアレーザー:64,800 (税込)
エイジングアイケアレーザー:32,800 (税込)
※何度も・家族でも使える。
※消耗品はナシ
継続性 定期的に予約・通院エイジングケアレーザー:1日1回2~10分
エイジングアイケアレーザー:1日1回2分
痛み・赤み 結構痛く、赤みも出るらしい(友人談・マスクが必要だったとのこと)
ダウンタイム(1週間前後)は、メイクできない人も多い。
個人差はあるがかなり少ないと思う。(ワタシの感想)

※使用の様子や使った感想は、別ページでご紹介いたします。

■家庭用レーザー美顔器トリアで効果が実感できるのはいつ頃なのか?
  • ・早い人で2週間後くらい
  • ・2ヶ月使って1ヶ月休む。 そのあたりでハリ・ツヤの変化を感じる人が多いそう。

■顔全体はエイジングケアレーザー、目元ケアはエイジングアイケアレーザーがおすすめです。


【トリアビューティー】