ミネコラパーフェクト3効果と口コミ体験レポ|花の色は

花の色は 加齢と不調の女子悩みのロゴ

Minecolla perfect3(ミネコラパーフェクト3)の使い方


ブラッシング&予洗い

1:ミネコラ パーフェクト3を使う前に、まずはブラッシングで髪の毛の汚れを落としやすくします。

2:36~38℃ ぬるめのお湯で予洗いします。 濡らすだけでなく、頭皮の汚れも落とすように洗います。

ミネコラリダクションフォーム(クレンジングヘアオイル)

1:ミネコラリダクションフォームを、強く10回くらい振ります。

缶の底に、水素発生基剤が沈殿しているそうなので、フォームがよく混ざるように缶の中の玉がカチカチとなってから、強く振るのが良いそうです。

ミネコラリダクションフォーム

使用量は髪の長さや毛量にもよると思いますが、ゴルフボール1~2個分が目安だそうです。 缶を逆さにして、手のひらに取って使います。

ミネコラリダクションフォーム2

ミネコラリダクションフォームは、頭皮をメインにつけて、1分間ほどマッサージするようにすると良いそうです。

使っていて疑問だったのは「頭皮中心に塗ってマッサージするということだけど、毛先までたっぷり付けなくてもいいのかな?」ということです。

ミネコラ リダクションフォームの疑問

ワタシの場合、髪も長いし毛量も多いので、頭皮に塗ったゴルフボール2個分のリダクションフォームでは、髪の毛全体に行きわたるということはありません。

髪の毛全体に塗ったとしたら、ゴルフボール5~6個分は必要な感じでしょうか?

そもそも、撮影をするために服を着たまま行っておりましたので、髪の毛の水気が足りなさすぎだったようです。 もう少しビチャビチャだったら、 ゴルフボール2~3個分でも、リダクションフォームを毛先まで伸ばすことができたかも?なんですけどね。

フォームが髪に付いていないことには、水素も発生しないんだろうなーと思ったので、2回目以降はお風呂場で髪をばっちりと濡らした状態で、 ゴルフボール3~4個分のミネコラリダクションフォームを使うようにしていますが、果たしてこの使い方であっているのかどうか???は疑問です。

ミネコラリダクションフォームを塗って約2分間放置したら、洗い流さないで、そのまま「ミネコラアクティブスパフォームを塗っていきます。

※リダクションフォームが水素を発生させて、そこにアクティブスパフォームを塗ることで急激な水素発生へといざなう。 そして熱を加えることで、 水素が活性酸素と結びついて水分になるという仕組みだそうなので、水分が欲しいところにはしっかりリダクションフォームとアクティブスパフォームを塗るべきと思いました。 
頭皮をマッサージするように塗るというのは、毛穴の油性汚れをしっかり落とすという意味合いです。

Q&Aページもご参照ください。

ミネコラアクティブスパフォーム(クレンジングシャンプー)

ミネコラcleansingシャンプー

ミネコラアクティブスパフォームは、ミネコラリダクションフォームと混ざり合うことで水素が発生するしくみとなっていますので、 流さないでそのまま使用するのだそうです。

ミネコラアクティブスパフォームの使用量は、ゴルフボール2~3個分です。

ミネコラクレンジングシャンプー

ミネコラアクティブスパフォームもしっかりと髪が濡れた状態で使ってください。 写真は水分を拭き取りすぎてしまっているので、全然泡が立っていないんですけど。

ミネコラアクティブスパフォーム

ちゃんと濡らしてから使いますと、結構モコモコの泡で髪と頭皮をしっかり洗うことができますよ。 

ミネコラ アクティブスパフォームの泡

ミネコラ アクティブスパフォームの泡でしっかりと頭皮マッサージをしましたら、そのまま5分間放置して、今度はぬるま湯でよくすすいでください。

ミネコラ アクティブスパフォームは、クレンジングシャンプーとして、ミネコラリダクションフォームを使用しない時でも、使うことができます。 炭酸は、血行を よくする働きがあると言われているので、頭皮マッサージにはうってつけですね。 頭の皮がすっきりと軽くなったような洗い心地です。

・ミネコラリッチトリートメント(ヘアトリートメント)

ミネコラリッチトリートメントは、アクティブスパフォームをすすぎ流した後の濡れた髪に、ヘアトリートメントとして使います。

ミネコラ トリートメント

ミネコラリッチトリートメントの使用量の目安は、500円玉大くらいだそうですが、髪質によって適量は変わるとのこと。

ワタシの場合は、髪がバサバサで多毛なので、トリートメントも多めに使用するようにしています。

ミネコラトリートメントの使用量

ミネコラリッチトリートメントは、成分が残っても酸化した油性汚れにならないというのがすごいなーと思いますが、成分で水の次に 「ジメチコン」あるように、シリコンが配合されていますので、頭皮は避けて髪の毛メインに塗ってください。

シリコン自体は悪い物ではありませんが、頭皮に塗っても意味をなさない成分なので、その分しっかり毛髪に塗る方が効果的だと思います。

実際にミネコラリッチトリートメントを髪につけてみると、髪がするんと滑らかになって手触りがぐっとよくなります。

水素とプラチナ白金で抗酸化作用が65倍にもなると聞くと、トリートメントを頭皮につけてみたくもなりますが、一応リーフレットにも 「頭皮は避けて」と書かれているので、髪だけに塗るようにしています。

ミネコラリッチトリートメントを塗って5分ほどおいたら、十分にすすいでください。

ドライヤー⇒アイロンで仕上げ

ミネコラリッチトリートメントをすすぎ終わったら、タオルドライをしてからドライヤーで乾かします。

ドライヤーで乾かす

ミネコラパーフェクト3の使用時に限ったことではありませんが、ドライヤーは頭皮を乾かすようにしてかけるのがポイントです。

髪が乾いても、頭皮が湿ったままですと、雑菌が繁殖したり、頭皮が蒸れてダメージを受けたりするので、頭皮環境には良くないからです。

逆に、頭皮をちゃんと乾かしたならば、髪の毛先はすこしくらい濡れていてもあまり問題ないと思います。(寒かったりしたら風邪をひきますけど)

ドライヤーで髪を乾かした後には、ヘアアイロンでしっかりと熱を当ててください。 熱を加えることで、髪の内部の水分発生量が増えるそうです。

ヘアアイロン

ワタシは、ミネコラ初回利用時には、頭半分を「ヘアアイロン」で熱を当てて、もう半分をシンプリーストレートで仕上げました。

simply_straight
※貞子ではありません。

髪の毛の仕上がり具合は、どちらもそんなに変わらないと思いましたが、後頭部の髪にテンションをかけて伸ばすのはシンプリーストレートの方がやりやすかったです。

なので、2回目以降はずっとシンプリーストレートの方を使っています。

さて、気になるのは、アイロンをかけた後の仕上がり具合かと思いますけど(笑)

正直、初回は使い方がまずかったせいか(髪の水分を拭き取りすぎた)、期待したほどのツヤ髪には見えなかったというのが、正直なところですが。

ただ、見た目は少し残念でしたが、髪の手触り(さらさら感)と髪の毛の立ち上がり(ふんわり感)は、なかなか魅力的な感じになりました。  手触りは写真で伝わらないのが残念なところですけど。

その後、4回程ミネコラを使用しておりますが、徐々にモフモフ感が減って扱いやすい髪になってきたという実感はたしかに感じていますので、さらに今後に 期待です!

初回使用時~の髪の変化は、別ページに掲載しますので、ぜひこちらも見てやってくださいねー!

※2017.04.14加筆。 ワタシの使用している白髪染めが、ミネコラで必要な加熱処理に向かないことがわかりました。  詳しくは「ミネコラ効果出ない」で書いていますので、ご覧下さい。

■ミネコラパーフェクト3公式サイトへはこちらから
業界初!水素×炭酸×白金ナノコロイド【ミネコラ パーフェクト3】

公式サイトへ

スポンサーリンク