夜だけ肌断食に最適な美容ソルトプルミエグラン。塩洗顔でノースキンケアに挑戦

花の色は 加齢と不調の女子悩みのロゴ

肌断食に興味を持ったきっかけは「プルミエグラン商品説明会」
 ~肌断食に美容ソルトが良い理由と夜だけ肌断食から始めるワケ。

プルミエグラン社長さんの美肌に興味深々。

「次世代型オールインワン化粧品 プルミエグラン」の商品説明会に参加しようと思ったのは、単純に「塩ベースの洗顔料」という点で 目新しいと思ったことと、もともと塩・灰・泥といった自然素材のコスメが好きだったからです。 以前から運営している美容サイトで「イベントレポ」を 買いたい!・・・・・という、ごくごく普通の思惑で参加申請をさせていただきました。

プルミエグランイメージ

イベント前のブロガーさん達とのランチ会に遅れて参加したワタシは、プルミエグランさんから名刺をいただいた際に、 まさかこの方が↓社長さんとはまったく思ってはいませんでした。(我ながら、名刺をよく見ろ!って感じですけどね。) てっきり、 セミナーを担当している若手スタッフさんだと思いこんでお話をしていたんですが、その際どうにも気になったのが、社長さんの『やけにキレイなお肌』だったのです。

プルミエグランの社長
※2016.06 セミナー開催日の写真です。

実際ワタシは、この日何度も「肌がキレイですねー。自社商品使っていらっしゃるんですよね? ホント、肌がピカピカですねー」という類のことを、 何度も口にしていたような気がします。 商品開発から手掛けていらっしゃる社長さんなんですから、使っていて当然だと思いますけど、 ランチ会の時点では「ただの男性社員さん」と思っていたので、「自社商品使う前から美肌なのかしら?それとも使ってこうなったのかしら?」ともう、気になって気になって。

セミナー開始時に、この方が社長さんとわかって「ゲッ!」と思ったのですけどね、それにしたってが肌キレイ~。

プルミエグランの社長の美肌

当時の記事にも『セミナーのスクリーンから社長さんのお顔へ視線を移す度に「肌がツヤツヤー!」「なんでツヤツヤ~?!」と、 いちいち思ってしまったくらいでして』……と書いていますが、マジで社長さんのお顔をガン見しまくっていたのを、今でもよーく覚えています。

社長さんに聞いた美容ソルト誕生秘話

キレイな肌をしている社長さんのお話には、「同じことしてみたら、ワタシも美肌になれるんじゃないか?」という期待感が持てました。  ましてや「もともとすごい乾燥肌で、痒みが出て困っていた」という肌質でいらしたのが、美容ソルトという塩との出会いで今に至るというのですから、 なおさらです。 もともと肌がキレイというなら「羨ましいわー」ってことで終わりますけど、トラブル肌だったというのですもん。

ママもびっくりの塩パワーって、気になるでしょう?
乾燥によるかゆみ

ちなみに、美容ソルトとの出会いというのは、「美容系展示会に出展されていたどこぞの企業ブース」だそうです。 

『ちょっと手を洗ってみて♪』と言われて塩で洗ってみたのが最初。 その際、やたら手がツルツルになったので「へぇ~」と思ったそうなんですが、 1時間後にも、いつもよりもツルツルしていて触り心地がいい♪と、手の感触が違っていることを感じたというからすごいですね。  「触り心地が良いから、つい無意識に自分の手を触ってしまう」・・・・・・これ、なんとなくわかりますよね。 

手がツルツル

塩の手洗いを勧められたのが、一体どこの企業さんのブースだったのか?今にして思えば、そのあたりも気になりますけど~(笑)   塩で肌がツルツルになると知ったきっかけは、10年くらい前のこの出来事であったそうです。

考えてみれば、通いの皮膚科の先生も「海に入るといいよ」と言っていた。 海に入って 「あせも・ニキビ・痒みといった肌トラブルが良くなった」と感じた経験のある人は多いという話も良く聞く。
海の水は肌にいい

それなのに、日常的に塩をスキンケアやヘアケアに使用しているという話はあまり聞かない。  塩ハミガキはあっても、塩美容液や 塩クリームなんてないと思うし。 塩サウナやソルトマッサージだったらあるけど、美肌狙いのものじゃないし。
塩でのケア

「安心して使える塩のスキンケア商品がないなら、作りたい!」

これが、プルミエグランの社長さんに聞いた「美容ソルト誕生秘話」です。

※公式サイトはこちら
次世代型オールインワン《プルミエグラン》


美容ソルトが普通の塩と違う所。

塩水が肌に良いというなら「粗塩買ってきて、肌に塗ったらいいかしら?」と、そう考えたくなるかと思いますが。  普通の塩で、肌をこすったりしたらだめだそうです。 なぜならば、塩にはにがりが入っているので肌が硬くなって乾燥してしまうから。  そして、角張った四角い塩の結晶が肌を傷つけてしまうから!

海水浴の後、髪の毛がバリバリになった経験を持つ方は多いと思いますが、あれは『にがりに含まれるマグネシウム等のミネラル成分が、 タンパク質を固める働きをするから』なんですって。

だから、プルミエグランの美容ソルトは、塩の結晶にある角を取って丸くしてあるし、肌・髪と相性の悪い「にがり」を取り除いてあるそうなんですよ。
プルミエグランの塩の違い

他にも、天然美容成分が配合されていたり、いろいろこだわりがあるんですけど。 さすが「肌断食推奨」と謳われているだけあって、 配合されている美容成分は肌に入れるためのものではなくて、あくまで、塩の成分による余分な肌刺激を和らげるためのものであるそうです。

ですから、プルミエグランの美容ソルトは、アトピーや敏感肌の人でも使えます。 塩なので、はじめはピリピリしたり ひりひりしたりするかもしれないですが、そういう時には、まずは少量をお水で薄めて使うことから始めると良いそうです。

肌が元気になってくると、だんだんしみなくなってきます。

プルミエグランが肌断食におすすめなワケ。

さて、ここからが本題ですね。 プルミエグランが肌断食におすすめな理由です。

肌断食にプルミエグランの理由

肌断食とは「スキンケアやメイクをやめること」を意味していますが、どうしてそこにプルミエグランが必要なのか?  それは「肌に何かつける必要はないと頭では理解しても、どうしても何かつけたくなってしまう」という事態に陥ることや、「洗顔が大事とわかってはいても、 肌負担をかけずにきちんと洗うことは難しい」ということにあります。

肌断食秘訣


ワタシ自身は、まずは夜からスキンケア断ちすることを始めて、もうすぐプルミエグランセミナーから1年となる今になって、 ようやくスキンケア断ちを完了することができました。 とは言っても、まだまだ「美肌への道」は遠い感じで、ようやく肌断食のスタートを切れたという感じですけどね。

プルミエグランを使っているというのに、スキンケア断ちにこんなに時間がかかってしまった背景には、クレンジングをなかなかやめなかったことや、 いい加減な洗顔で「ちゃんと洗った気になっていた」ことがあるように思います。 洗顔については「やってみた」のページに書いていますので、こちらでどうぞ。


もちろん、もともとコスメサイトを運営していましたので、新商品発表会なんて聞くと、ホクホク出かけてしまっていたというのもあるんですけど。(苦笑 ) ここ最近は「塗る系」には行ってないですよ! これからは、肌に何か塗るよりも、インナーケアや最新のマシーンエステにこだわってみようと思っています♪

肌断食におすすめな理由:塩の浸透圧を利用し化粧づまりを取るから。

プルミエグランの「美容ソルト」で毛穴汚れを出すというのは、理屈的「きゅうりの塩もみで水分が出てくるのと同じ」なのだそうですよ~

塩の浸透圧

浸透圧とは「塩分の濃度差」のことを言います。 体液にも塩分があるので、肌に塩を乗せると塩分の濃い方に引っ張られて水分が出ていきます。  その時、毛穴のヨゴレも一緒に出るので、毛穴がキレイになるという訳です。

塩の浸透圧

美容ソルトは、「圧が低い方から高い方へ水が移動する」という塩の浸透圧の仕組みを利用しているため、 洗浄剤では落ちない毛穴に入ったシリコンも、水分と一緒に引き出してくれるというのが、良いですね。

肌表面に塩分を塗ることで、水分と一緒に角質に溜まった毛穴ヨゴレや老廃物を引き出して、洗い流すのが目的の商品なのです。

■目にしみる海水としみない目薬。浸透圧が違っているそうです。

「涙」の中にも塩分が含まれています。 海水の塩分は涙よりも濃いので、目に入った際に浸透圧で引っ張られてしまうため、 「痛い・しみる」と感じるのだそうです。  対して、目薬をさしても痛くないのは、目薬が涙と同じ浸透圧で眼圧に影響をしないからなんですって。 医療で使う「生理的食塩水」も、体液(血漿)とほぼ同じ濃度(0.9%)の食塩水(浸透圧が同じ)なので、目や鼻にしみることがなく、 粘膜の洗浄や点滴などに使われてます。

塩の浸透圧で毛穴ヨゴレを落とすと何が良いのか? ワタシは「合成界面活性剤を使わなくて済む」というのが、1番良い ところであると思っています。

合成の界面活性剤が肌にとってよろしくないから、スキンケア&コスメ断ちしようというのが、肌断食基本中の基本なので、 いくら洗顔が大事と言っても、洗顔料に入っていたらダメな訳で。。。 そう考えると、音波洗顔器の使用も「水だけでできればいいのに」と 思ってしまいますね~  このあたりは、イタチごっこなので今は考えないようにしておきますが、ワタシが洗顔器の後にプルミエグランを使う理由は、ここにあります。

プルミエグランの「合成界面活性剤を含まない!など、6つの無添加。」といったこだわりについては、別ページでどうぞ。  ⇒美容ソルト『プルミエグランのこだわり』を知ると、使いたくなる。

また、塩の浸透圧で毛穴ヨゴレを落とすと、角質層表面の皮脂も一緒に流れてしまいますが、 毛穴詰まりが取れて皮脂が出やすくなっていますし、肌自体が「皮脂膜を補わなくちゃ!」と機能するため、自力でうるおい膜を形成してくれるようになるわけです。  これが、洗顔後になにも肌に塗らないことで肌が元気になるという、肌断食の本質ですよね。

皮脂が出やすい

こんなことから、プルミエグランの美容ソルトが「肌断食に向いている」ということが、ご理解いただけるかと思います。

夜だけ肌断食から始める意味。

肌は「排泄器官」です。

どこかで聞いたようなセリフですが、肌は寝ている間に油分や水分を排泄することで健康な状態へと戻す、代謝という働きをしてる「臓器」です。

肌の代謝

「シンデレラタイムに熟睡するようにしましょう」というのは、この時間に代謝が活発に行われるからなんですよね~

夜寝ている間に毛穴が塞っていると、この排泄が正しく行われないため、肌本来の力が弱ります。  保湿成分を逃さないために「コスメで蓋をする」←これも肌の排泄の邪魔をするのでNGです。 クリームもオイルも塗らないのが「肌断食」です。

その肌断食ができない理由に「肌が弱って自ら潤う力が無くなってしまうから、我慢できずに、 肌に塗る。 肌自身が怠けて、さらに皮脂を出さなくなる」という悪循環があるんですけど~ どこかで我慢して負のスパイラルを断ち切らないことには、 どんどん肌の力が弱って、どんどん重いコスメになってく・・・ 

肌断食できない理由

健康な肌であれば、自分で皮脂を出して潤うのですから「クリームで蓋」なんてしなくて良いです。 排泄を妨げて肌力を低下させることの方が、何も 塗らないことよりも「肌に悪い」ことであったんですね。

肌断食できている人

だから、なにもお手入れしてない人は、あれこれ塗りたくっている人よりも肌がキレイ。・・・・・・なんだかなーって話ですよ。

でね。 いきなり、全てのスキンケアをストップするのは、あまりにハードルが高いので。 最初は、 代謝が活発に行われるとされる夜のお肌をスッピンにしてあげましょう~というのが、夜だけ肌断食の神髄です。

昼間、化粧をする必要がある方は、朝洗顔の後にスッピンでいるのは辛いでしょうし。 化粧するなら、 なにかしら塗っておかないと・・・という気持ちにもなりますし。

てな訳で、肌断食をするのであれば、まずは夜からしてみてください。 顔を洗ったら後は寝るだけ!  とっても楽で、お金もかからず、それで肌にとっても良いのであれば、万々歳と思います♪

コスメ好きほど、塩で肌がしみる理由。

プルミエグランさんが言っていました。 「コスメ好きなブロガーさんほど、美容ソルトを使った時に『しみる・しみる』と言うん ですよね~」と。

その理由はきっと↓コレですね。 毎日たくさんコスメを使っているため、肌が弱る。 ⇒キメが乱れて乾燥すると同時に、刺激物が入り込んでしまうから。

肌刺激物

化粧品をたくさん使っている人の方が肌断食に挫折しやすいというのも、同じ理由であるそうですけど。

赤ちゃんの肌が水をはじくように、健康な肌は刺激物を弾き返すので、塩の浸透圧で水分や汚れは出たとしても、逆に 入るようなことはありません。

もしもプルミエグランを試してみて「うっひゃー、しみる―」と思ったならば、アナタのお肌は弱っているかも!!

プルミエグラン
■公式サイト:プルミエグラン
■「次世代型オールインワン化粧品 プルミエグラン」商品説明会レポ
 プルミエグランのこだわり♪ ~こんなところに魅力を感じています!



MENU(サークルボックス)

プルミエグラン説明会レポ
肌断食にオススメな訳
夜だけ肌断食からスタート
プルミエグランの魅力
プルミエグランの使い方
プルミエグランQ&A
肌断食TOP
花の色はTOP

スポンサーリンク

オススメ

次世代型オールインワン《プルミエグラン》