ササヘルス

花の色は|加齢と不調の女子悩みのロゴ

【クマ笹の医薬品】ササヘルス

天然由来100%のクマ笹抽出液の生薬製剤「ササヘルス」のご紹介です。

ササヘルス

ササヘルスの効果効能は【口臭・体臭・口内炎・疲労回復・食欲不振】ですが、特に「体臭でお悩みの方」におすすめしたい医薬品であると 「ふじ光成堂薬局」 さんから伺いました。

ササヘルス全国送料無料
ササヘルス

・ササヘルスとは

【ササヘルス】は、1968年の創業以来ずっと笹の研究開発を続けていらっしゃる「大和生物研究所株式会社」さんの主力と言われる商品です。

ササヘルス

昔から「クマ笹」はその抗菌・防腐作用から、食べ物を包んで保存するなどして利用されてきました。 そういえば、今でもお寿司・ちまき・お団子などで活用されていますよね。

熊笹で食品を包む

クマ笹の葉を煎じて飲むと胃腸や疲労回復にも良いとされ、古代中国の薬学書「本草綱目(ほんぞうこうもく)」にも記載されている生薬であるそうです。

そんな熊笹から特許技術によって有効成分を抽出し、医薬品として厚生労働省の認可を得たのが第3類医薬品「ササヘルス」です。

昭和44年(1969年)の発売開始からはや半世紀! 現在でも「保健、予防、プライマリーケアの観点から期待される医薬品として、 そのニーズは今後ますます高まる傾向にある。」と大和生物研究所さんの公式サイトに書かれていました。

防腐剤も添加しない・クマ笹抽出液のみという安全性の高さや飲みやすさ・効果の実感から、長く愛飲されているというファンも多いそうです。

ササヘルスの安全性

全国1300店強の薬局・薬店で取り扱いがあり、地域のお客様に勧められているという事実も、ササヘルスの魅力を裏付けしているように思います。

ササヘルスが体臭や口臭に良い理由

薬局さんにいただいたササヘルスの資料によると、ササヘルスが臭いを抑えるのは「クマ笹から抽出された有効成分が、口腔・喉・食道・胃・腸といった部位の粘膜から浸透・吸収されて、 ニオイの原因を取り除いてくれるという効果を発揮するから。」なのだそうです。

体臭への効果ササヘルス

クマ笹の抗菌・防腐作用も、菌の繁殖を抑えて悪臭を出さないようにするという働きがあるかと思いますが、臭いの元を取り除いてくれるというのは、 より効き目がありそうですね。

そんな消臭効果の有効成分として注目したいのは「葉緑素」です。 植物の細胞にある緑色の色素で、太陽の光で光合成をして 二酸化炭素を酸素に変えることで知られていますね。 クロロフィルとも呼ばれています。

この葉緑素をいかに壊さずにクマ笹エキスとして抽出するか? そこが大和生物研究所さん独自の特許技術であるようです。

大和生物研究所特許技術

ガムやサプリメントにも「エチケット成分としてクロロフィル」が配合されておりますが、生薬として医薬品レベルで葉緑素を使用していることが、 とてもすごいと思いました。 

ササヘルスの「葉緑素を含むクマ笹エキス」は、「硫化水素」や「メチルメルカプタン」といった悪臭の元を取り除くので、体臭・口臭に効果を発揮します。

【硫化水素(イオウ臭・卵の腐ったようなにおい)】

体内に有効な酵素由来と、悪臭の元になる腸内細菌由来がある。
 舌苔からも発生し、口臭の原因となる。

【メチルメルカプタン(メタンチオール・玉ねぎが腐ったようなにおい)】

歯周病や虫歯により菌が繁殖して出る。口臭の原因となる。
 体調やストレスで発生することもある。

※姉妹サイトの過去記事より。

ササヘルスの効果的な摂り方

飲むタイミング

ササヘルスの有効成分は、粘膜から浸透・吸収されるので、ゆっくり飲む・空腹時に飲むといった服用の仕方がおすすめです。

薬と思うと「食後」が良いような印象がありますが、朝起きてすぐや夜寝る前に摂るのが良いそうです。

飲む量

ササヘルスのパッケージや取説には「通常1日3回、1回約2~3ml」と書かれています。

ササヘルス用量

医薬品の用量はきちんと守らないといけないというイメージがありますが、ササヘルスの場合は「症状により適宜増量してください」となっているので、 ササヘルスの服用に慣れてきたら、1日に朝晩の2回目安として1回10mlくらいとしても良いそうです。(薬局さん談)

これで↓大体5ml弱。 ワタシは、体臭よりも疲労回復目的で飲むことの方が多いので「疲れてるなぁ」と感じた時には、この倍くらいの量をそのまま飲むことが多いです。

ササヘルスの用量

はじめのうちは「草っぽくて」飲みにくいと思われるかもしれないですが、慣れると不思議と美味しくなります。

ササヘルスの草っぽさ

ササヘルスのQ&A

Q.ササヘルスの飲み方は?
A.水に溶かして。 お茶や麦茶で。 牛乳やヨーグルトで。 お湯割りで。。。。など、何で割っても良いそうです。 もちろん、原液をそのまま飲んで構いません。
口内炎や胃弱で服用される時には、原液のまま飲んでください。 
Q.ササヘルスの保存は?
A.防腐剤が入ってないので、開栓後は冷蔵庫保管が必須です。 開栓後は、10~15日以内に飲み切ってください。
開封前は、直射日光の当たらない涼しい場所で保管します。
Q.効き目の実感までどのくらいかかりますか?
A.何に効き目を期待するかにもよります。 疲労回復などは、翌朝起きた時に実感することもあるそうですし、口内炎のようなものは数日かかると思われます。
体臭・口臭は変化が自分でわかりにくいですし、その原因もいろいろなので一概には言えないと思いますが、毎日きちんと続けて飲むことが大事です。
※長期間の継続した服用も問題ないとされています。
Q.ワーファリンと飲んでも良いですか?
A.医師への相談をお勧めしますが、基本的には問題ないと言われています。
※ワーファリン(ワルファリン)は、血液が固まり血栓ができることを抑制する抗凝固剤の1種です。
ビタミンKを多く含む、納豆・クロレラ・青汁などの摂取を避けるように指導されることが多いようです。
Q.アレルギーがありますが?
A.薬によって発疹・発赤・かゆみ等が出たことがある人は、服用前に医師に相談してください。
Q.こどもやお年寄り、妊娠中でも飲めますか?
A.大丈夫だそうです。 安全性の高い薬なので、乳児や妊婦でも飲むことができます。
ただし、子どもに服用される場合は、保護者指導の下でお願いします。

※参考:ふじ光成堂薬局さんの リーフレット&ササヘルスの説明書。

ササヘルスを服用した感想

ワタシはササヘルスを「口臭軽減」と「疲労回復」目的で飲んでいるので、体臭についての実感はありませんが、 ご紹介くださった薬局さんによると「体臭目的で購入される方が1番多い」ということなので、効果があるってことなんだろうなぁと思っています。

ササヘルスを飲んでいる期間は「主人に指摘されなかった」ということから、口臭への効果は感じました。

また、疲れて体がしんどい時にもかなり効果を感じています。 「ササヘルスが飲みたい!」と感じて、 「きっと疲れがたまっているんだなぁ」と逆に気づくようなところもありますので。

ワタシの場合、1本飲み切ったらしばらく間を開けることも多いため、どちらかというと常備薬のような位置づけになっているササヘルスですが、 体臭除去が目的でしたら、やはり毎日の継続服用が良いでしょうね。

ササヘルスは、1日9ml(3mlX3回)の計算で、約42日分(127ml入りX3本)が5400円(税込)・送料無料です。

開栓後は冷蔵庫保存で、半月程度で飲まないといけないのが、ちょっと残念なところではありますが。

ササヘルス開栓後

臭いも疲れも!という一石二鳥はやはり魅力です。 きっかけはブログのモニターでしたが、以来もう何本もリピート購入しています。

ササヘルスが買える場所

「クマザサ歯磨き」の記事にも書きましたけど。 第3類医薬品である「ササヘルス」の は、薬局・調剤薬局・漢方薬局等で取り扱いをされている店舗さんは多いです。

2018年4月現在、「クマ笹歯みがき」は楽天市場やamazon、ヤフーショッピングでの販売はありませんでしたが、楽天市場で1サイトだけ見つけました。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【第3類医薬品】クマザサ抽出液・ササヘルス 127ml 3本入り
価格:5400円(税込、送料別) (2018/4/14時点)


 

そのほか、大和生物研究所さん提携の薬局さんでも、ネット販売をされています。

ワタシのおすすめは「ふじ光成堂薬局」さんで、お得なキャンペーンや定期購入コース、誕生日クーポン(1000円引きクーポン)が あることが気に入っています。

全国送料無料・代引手数料も無料で、ミニサイズが付くこともあるので、ササヘルスを購入するなら「ふじ光成堂薬局」さんでぜひどうぞ。

ササヘルス全国送料無料


 


 

口臭・体臭・歯の黄ばみ・口唇ヘルペス等のトップページへ

口臭
体臭
歯の黄ばみ
口唇ヘルペス