トゥルースリーパー中反発マットレス、ネオフィール・ウェルフィットの口コミ|花の色は睡眠と眠り特集

花の色は 加齢と不調の女子悩みのロゴ

トゥルースリーパー・中反発マットレス。トゥルースリーパーネオフィールとウェルフィットの口コミ

トゥルースリーパー。ネオフィール・ウェルフィットの特長と寝心地についてです。


 

トゥルースリーパー・ネオフィールについて

トゥルースリーパー越谷店で実際に6タイプのマットレスの寝心地を確かめてみて、ワタシが一番気に入ったマットレスがこれ。トゥルースリーパー・ネオフィールです。

トゥルースリーパーネオフィール

トゥルースリーパープレミアムと同様に、ネオフィールも通常は厚さが5センチのタイプとなっていますが、体重の軽い人向けに3.5センチと薄いタイプもあるそうです (ただし、店舗販売のみ)。 以前は3.5センチタイプだけだったようですが、2016年2月に5センチタイプへとリニューアルされたのだと伺いました。

ワタシがトゥルースリーパー・ネオフィールを気に入った理由は、モチモチっとした不思議な弾力・柔らかさにあります。  ネオフィールは中反発マットレスですが、トゥルースリーパープレミアムよりも体を包み込むフィット感がある気がしました。

ネオフィールの寝心地

トゥルースリーパーのカタログでは「プルプルの柔らか素材。適度な反発力で寝返りもしやすい」と書かれていますが、 すごくしっとりとしたマットレスの感触があって、いつまでも寝ていたいと思うような心地よさを感じました。

ネオフィールのカタログ説明

最近見た(2017.6月)ショップジャパンさんのカタログでは、「赤ちゃんのほっぺのようなフィット感」と表現されていましたケド。  ネオフィールの吸い込まれるようなマットレスの感触は、マジで最高だったんですよ! しかも、寝汗の湿気を吸って「さらり快適」だなんて、すごいなーと思いました。

ネオフィールのカタログ

通気性が良く、マットレスの硬さが変わらないトゥルースリーパー ネオフィール

低反発のマットレスは、一般的に気温の影響を受けやすく、寒いと硬くなる・湿気に弱いという難点があるそうですが。

ネオフィールは、通気性の良いウレタン素材を使用しているので、湿気を吸収・放出して、マットレスの硬さが一年を通して変わらないという魅力があるのだと 教えてもらいました。

一般的な寝具と比較しても、寝床内の湿度・温度の変化が少ないということなので、季節に左右されることなく快適な寝心地を得られるというのは ポイント高いと思います。

さらに、トゥルースリーパー ネオフィールの中反発マットレスは下から体を押し上げる力が強いので、寝返りが打ちやすいというメリットもあるそうです。  うつぶせ寝の方にもオススメですって。

トゥルースリーパー ネオフィールに、寝て&腰かけてみてもらいました。

ショップジャパンのスタッフさんに、トゥルースリーパー ネオフィールに、寝て&腰かけてみてもらいましたよ。

トゥルースリーパー ネオフィール

うーん、ワタシが寝た時よりも沈み込みが浅く見える気がするのは、単に体重の差ですかね?!  上の写真ですとあんまりマットレスが凹んで見えないかと思いますが、実際に寝てみると「ふぅ~と落ちて行く」ような心地よさがあるんですよ。

ショップジャパンさんは、ネオフィールのモチモチっとした体感を「低反発のフィット感と高反発の弾力性を併せ持った寝心地」と 表現されていますけど、まさに「低・高」の良いトコ取りしたようなマットレスだと思いました。

ユニバーサルシティ「ホテルユニバーサルポート」最上階全28室で採用されている ネオフィール

トゥルースリーパー プレミアムは、「ホテルユニバーサルポート」の最上階Port Deep Ocean Floor28室で採用されているマットレスだと、 トゥルースリーパーの公式サイトに書かれていました。


 

最上階ってことは、スイートですよね?  トゥルースリーパー ネオフィールの寝心地を確かめてみたい!という方は、「ホテルユニバーサルポート」の最上階に宿泊してみるというのもひとつの手かも?(笑)


 

快眠セラピスト三橋 美穂さん共同開発「トゥルースリーパー ウェルフィット」

トゥルースリーパー ウェルフィットは、快眠セラピスト・睡眠環境プランナー三橋 美穂さんと共同開発の中反発マットレスです。

トゥルースリーパー ウェルフィット中反発マットレス


 

VOCE(ヴォーチェ)11月号の睡眠特集で、6種類あるトゥルースリーパーの中から取り上げられたのが「ウェルフィット」だったのは、 やはり快眠セラピスト・睡眠環境プランナー三橋 美穂さんが開発に関わっていらっしゃるというのが大きいかな?と思いました。

「ウェルフィット」VOCE

睡眠のプロのお墨付きと思うと、なんだかぐっすり眠れそうな気がしますね~

トゥルースリーパー ウェルフィットの2層構造

トゥルースリーパー ウェルフィットは、上がやわらかい中反発のマットレスで、下が硬めで凸凹のあるウレタンマットという2層構造になっています。

トゥルースリーパー ウェルフィット2層

トゥルースリーパーウェルフィットは、エクセレントとは逆ですね。  2層目のプロファイル加工マットレスという硬いマットレスが点で下から支えるという仕組みになっているため、やわらかい中反発のマットレスが体に張り付くという感覚がありません。

2層目が凸凹仕様の硬いマットレスなので、寝返りが打ちやすく、上側中反発マットレスのふわふわ感をより感じやすくなっているそうです。   ネオフィールで寝返りがしにくいと感じる人は、トゥルースリーパー ウェルフィットがオススメのようですよ。

ウェルフィットのマットレス

また、上層・下層のマットレス同士の間で通気性が良いということと、ウレタン素材自体にも吸放湿性が持たせてあることもあって、 寝汗によるムレ・べたつきが感じにくくなっているという特長があるということです。

トゥルースリーパーウェルフィットに、寝て&腰かけてみてもらいました。

スタッフさんに、トゥルースリーパー ウェルフィットに寝て&腰かけてみてもらった際の写真です。

トゥルースリーパー ウェルフィットに寝て&腰かけてみてもらった

トゥルースリーパー・ウェルフィットの厚みは7.5cmあるそうなので、プレミアムやネオフィールに比べて厚いマットレスとなっているんですね。  体重が軽い人なら、トゥルースリーパー コンフォート のように直敷きしても良いそうです。

また、3つ折りできるタイプなので、畳んで収納することも可能ですって。 ワタシは、この折畳用の溝が横になった時にちょっと気になったので、 同じ中反発ならやはりネオフィールの方が好きだと思いましたけど。 ネオフィールでは柔らかすぎるという方は、トゥルースリーパー・ウェルフィットが良いようです。


 

トゥルースリーパーマットレスの特徴とアイテム
低反発マットレス
中反発マットレス
高反発マットレス


 

truesleeperTOPへ


 


 

睡眠と眠り特集 MENU

寝具アイコン
supplement・レメディ
入眠グッズ
アロマ


 

公式サイトへ

明日を、もっと、ハッピーに!『ショップジャパン』

スポンサーリンク