花の色は睡眠と眠り特集|トゥルースリーパー選び方講座

花の色は 加齢と不調の女子悩みのロゴ

快眠セラピスト三橋先生による「トゥルースリーパーの選び方」MENU

【ショップジャパン より良い睡眠について考える!睡眠講座&トゥルースリーパー体験・撮影会】  に行ってきました・その3です。

より良い睡眠講座・その3は、快眠セラピスト「三橋美穂」先生による~トゥルースリーパーの選び方についてです。  自分にあったトゥルースリーパーを選ぶマットレス選びのポイントについて教えていただきました。

あなたに合うトゥルースリーパーは?チェック表

「深く・ぐっすりと眠れる寝具を提供したい!」そんな想いから生まれたという「トゥルースリーパー」には、低反発・中反発・高反発といろいろな タイプのマットレスが販売されています。

本当は実際にマットレスに寝てみて選ぶことがベストなのですが、通販をメインとした商品展開ゆえに実店舗に足を運ぶのは難しい。。。。。。ということで、三橋先生が わかりやすい選び方チェックリストを作ってくださいましたので、ご紹介させていただきますね。

トゥルースリーパーチェックリスト

※表の当てはまる項目にチェックを入れたら、縦に見てください。
 一番checkの多かったマットレスが、あなたに合うマットレスになります。

ワタシのチェック結果は「中反発」となりました。 以前、トゥルースリーパー越谷店さんで全マットレスをお試しさせていただいた際に 「ネオフィールが好きだぁ~!」と思いましたので、ズバリ的中しておりました♪

低反発マットレスが気になる方へ

トゥルースリーパー低反発

なんとなく「低反発」のマットレスは柔らかいというイメージがありますが、体を押し返す力=反発力なので、 反発力とは柔らかさ・硬さのことではないそうです。

ただし、硬いマットレスは重さの分散性がよろしくないため、体圧分散の良い低反発マットレスというと、どちらかと言えば柔らかめではありますので、 そういった印象が強いのだろうと思いました。

  • ■低反発は姿勢を安定させる。
     →腰痛が気になる方へ
  • ■重みを吸収して揺れにくい。
     →夫婦一緒に寝たい方へ

低反発マットレスに「プレミアケア」が登場!!

■低反発マットレスのおすすめは、2017年7月リリースされた「トゥルースリーパー プレミアケア スタンダードタイプ」です!
 (※お布団派の方はトゥルースリーパー プレミアケア 布団タイプ

トゥルースリーパープレミアケア
 撮影協力⇒暮らし通>快眠法の森田さん

2003年4月に販売開始以来、13年間で400万枚以上のロングセラーを記録したトゥルースリーパープレミアムをリニューアルするにあたって、何種類もの 試作品マットレスを作ってアンケートを取ったところ、社内で多くのスタッフが「従来のトゥルースリーパープレミアムの寝心地が一番良い」と言ったというからすごいですね。

その結果、マットレスの衝撃修習生や復元性・体圧分散性はそのままに、愛用者さんの声で多かった「抗菌仕様」と「保護カバーの片面をメッシュにして通気性を向上」させたという 改良だけにとどめたのだというお話を伺いました。

発売15周年の現在でも、これ以上良い寝心地はない!!と、社員さん達が実感したという極上のマットレスということです。

トゥルースリーパープレミアケア

ワタシもこの日、改めて寝っ転がってみましたけど。 なんでですかねー? 以前はネオフィールが1番好き♪と感じたのに、この日は 「トゥルースリーパープレミアケア」も同じくらい・・・いや、ネオフィールのやわらかさよりもプレミアケアのもっちり感の方が、なんだか魅力的に感じたくらいでした。

なんでだろう?とずっと思っていたんですけど。 もしかしたら、気温(季節)の関係で、マットレスの硬さが微妙に依然とは違っていたのかもしれないなーと思いました。

それほど大きな違いではありませんが、夏=柔らかく、冬=硬くなるといったことも、多少頭に置いてマットレス選びをされると良いかもしれません。

中反発マットレスが気になる方へ

中反発マットレス

柔らかい寝心地のお好きな方は、「低反発」のマットレスがおすすめです。

寝心地の好みというのは、マットレスに横たわってみた時の「あー、このマットレスの寝心地好き~」という感覚ですね。 あくまで好みで「緊張が解けるような心地よさ」を 感じるものがベストだそうです。

  • ■柔らかい肌触りで緊張が解ける。
     →ストレスが多い方へ

体重はどちらかと言えば軽めの方向け。 人の体は腰回りが1番重いため、長く使ったマットレスはお尻のあたりが凹んでくるそうなので、 時々マットレスの天地を変えてあげると良いと思います。

ワタシは今、自宅のベッドでネオフィールを使っていますが、ふわふわの寝心地がお好きな方にお勧めのマットレスです。

ネオフィールのマットレス

特に夏は柔らかくなるようなので、ネオフィールじゃちょっと柔らかすぎるかも?と思われる方は、三橋先生監修の 「ウェルフィット」が良いと思います。

■会場でネオフィールに寝てみていただいたところ
ネオフィール体験イメージ
ネオフィールの紹介

高反発マットレスが気になる方へ

高反発マットレス

硬い寝心地のお好きな方や、暑がりな方・体が重い方は「高反発」のマットレスがおすすめです。

反発力の強い高反発のマットレスは、体の沈み込みがあまりないため、寝返りが多い人やサラっとした寝心地がお好きな方に向いています。

  • ■硬くて沈み込みが少ない。
     →寝返りが多い方へ
  • ■洗える。
     →汗かきな方へ

高反発のトゥルースリーパーと言えば「セロ」ですが、セロマットレスの良いところは、なんと言っても、二層構造のマットレスが生み出す この独特の質感であると思います。

セロマットレス

セロのマットレスは、洗いやすいようにと3つ(計6つ)のマットレスを専用のカバーに入れ込むことで1枚のマットレスになりますので。

セロのマットレス

上の写真↑のように、三つ折にすることもできますし。 夏と冬で裏返して使うことで、違った感触(寝心地)を楽しむことができるというのも魅力であると思います。

ワタシは硬いマットレスが苦手ですが、男性はセロが好きと言う方が多いようです。 我が家の主人も絶対セロ派だろうと思いますので、 夫婦別のベットで良かったです。 ぎっくり腰になりやすい主人なので、ひょっとして「低反発の方があってる?とも思いましたが、家に帰って「チェック表」を 試してみたら、やっぱり結果は「高反発のマットレス」となっていました。

ジャバジャバと水で洗えてしまいますので、ダニやハウスダストが気になる方にもお勧めです。

■会場でセロに寝てみていただいたところ
セロの寝心地
セロの説明

トゥルースリーパーマットレスに枕は合わせる?

最後の最後に、トゥルースリーパーのマットレスを選んだ際に、枕はどうする?というお話ですけど。

トゥルースリーパーの枕

三橋先生にお尋ねしたところ、「基本的にはマットレスと枕のシリーズを合わせてください」ということでした。 ネオフィールならネオフィール、 セロならセロの枕が良いということですね。

低反発は3種あるので、よろしかったら以前書いた「枕の選び方」記事を観ていただけたらと思います。

マットレスと枕のシリーズを合わせるというのは、体圧分散力を同じにすることで、マットレスと枕を合わせて使った時の違和感を無くすためだ そうですが、1番大事なのは「枕をしていることを意識しないくらい」の自然な使用感であるそうなので、高さも重要なポイントだと思います。

枕の高さは実際に寝てみないとわからないと思いますので、万一合わなかった場合には、返品・交換してもらってくださいね。  ショップジャパンさんは、たとえ使用後の商品であっても39日間返品無料です。 (※トゥルースリーパー マットレス・ふとんは60日間返品保証。
 ※送料は自己負担になります。)

truesleeperTOPへ


 

睡眠と眠り特集 MENU

寝具アイコン
supplement・レメディ
入眠グッズ
アロマ


 

スポンサーリンク

公式サイトへ

明日を、もっと、ハッピーに!『ショップジャパン』

スポンサーリンク